合併症」タグアーカイブ

HbA1cの値が高いとどうなるの

前田の菊芋は、血糖値を下げる働きのあるイヌリン配合の、糖、HbA1c、体脂肪が気になる方におすすめのサプリメントです。

ところで
ヘモグロビン・エイワンシー「HbA1c」を知っていますか?

ヘモグロビンは、聞いたことがあると思います。

ヘモグロビンは、血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種で、血液中のブドウ糖と結合して酸素を全身に送る役目を果たしています。

そのブドウ糖と結合した物の一部分がヘモグロビン・エイワンシーと呼ばれHbA1c値は赤血球中のヘモグロビンという色素のうちどれくらいの割合が糖と結合しているかを示す検査値です。検査結果から自分自身の血糖状態を知る上で非常に重要な数値の一つです。

 



 

HbA1cの値が高いとどうなるの?

血液検査の結果、HbA1cの値が高ければ高いほど、たくさんのブドウ糖が余分に血液中にあって
ヘモグロビンと結合してしまったということになります。

普段の血糖値が高い人はHbA1c値が高くなり 血糖値が低い人はHbA1c値も低くなります。

過去1~2ヶ月の血糖値の平均を反映して上下するため、血糖コントロール状態のめやすとなる検査で多くの病院の糖尿病外来で毎月測定されています。

HbA1c値が8.0%以上の人は合併症が進みやすい状態ですので対策をすることが大切です。

 

大阪大学で、前田の菊芋を使って対象10名のHbA1cを検証した結果、2ヶ月で10人中9人が正常範囲へ3ヶ月で11人中11人全員が正常範囲まで数値が下がりました。

それは、前田の菊芋には天然のインスリンと呼ばれるイヌリンが配合されているからです。

イヌリンは、血糖値を下げる働きの他にも、食物繊維も多く含まれていてつらい便秘の予防、腸内環境の改善、さらには循環機能を正常に保つ効果なども期待できます。

糖、HbA1c、体脂肪が気になったらイヌリン配合「前田の菊芋」をぜひお試し下さい。

前田の菊芋の詳細はこちらから↓

テレビ・雑誌などで話題沸騰の菊芋【前田の菊芋】