お薬と一緒に飲んでも大丈夫」タグアーカイブ

前田の菊芋の飲み方

前田の菊芋の飲み方は?

糖対策をしたい方のために前田の菊芋の飲み方についてお伝えします。

前田の菊芋は、医薬品ではありませんので、基本的にはいつ飲んでも大丈夫ですが、「食前」に飲むことををおすすめします。食前に飲み忘れた場合は、食事と一緒、または食後に飲んでいただいても大丈夫です。

 

前田の菊芋には「粒タイプ」と「顆粒タイプ」があります。

どちらも同じドイツ産菊芋の原材料を使用していますので効果は一緒です。
顆粒の味は甘酸っぱくて苦味などはないんですが、味に敏感な方には粒をお勧めします。

粒タイプの場合は、水と一緒に流し込むように飲んでください。

顆粒タイプの場合は、水に溶けやすいので、先にお口に入れていただいてから、お水で流し込む方が多いと思います。飲みにくい場合は、あらかじめお水などに溶かして飲んでいただいてもかまいませんし、お味噌汁などの料理に混ぜていただいても構いません。小袋に分包されていますので持ち運びにも便利です。

粒タイプ10粒と顆粒タイプ1包で同じくらいの成分を摂ることができます。

 



 

飲む量は?

粒タイプの1日に飲む目安は、8~30粒です。

顆粒タイプの1日に飲む目安は、1~3包です。

あくまでも目安ですので、数値が高めの方はより多く飲んでいただいても問題ありません。

 

ちなみに、粒タイプは、1箱250粒入りです。1日8~10粒で約1ヶ月分。
顆粒タイプは、1箱30包入りです。1日1包で約1ヶ月分となっています。

前田の菊芋は、ほのかな自然の甘味で飲みやすいとのお声を多数いただいています。

 

また、お薬と一緒に飲んでも問題ありません。健康状態が安定してきたら担当医に相談して少しずつ、飲む量を減らしていくと良いでしょう。

 

一緒に食べてはいけないもの!

前田の菊芋は、他の食品と一緒に飲んでも大丈夫ですが、「お酢」と一緒に摂るとイヌリンの成分が損なわれますので、お酢を飲んだ後は、2時間位空けてから飲んで下さい。

 

糖対策が必要なあなた!前田の菊芋をぜひお試し下さい。

詳しくは公式サイトをご覧下さい↓

テレビ・雑誌などで話題沸騰の菊芋【前田の菊芋】

 

 

前田の菊芋は薬と一緒に飲んでもいいの

前田の菊芋は、血糖値や
HbA1c、体脂肪が気になるあなたに
おすすめのサプリメントです。

 

前田の菊芋を薬と一緒に飲んでも
大丈夫ですか…?

もしかしたら、もうすでに血糖値対策の
お薬を飲まれている方もいらしゃるかと
思います。

そこで気になるのが、お薬と一緒に
前田の菊芋を飲んでも大丈夫なの…?
気になりますよね?

ご安心下さい!

前田の菊芋は、天然のインスリンと
呼ばれるイヌリン配合の食品なので、
病院から処方された薬と一緒に
飲んでも問題ありません。

糖尿病の主治医が数値に驚いたサプリ
前田の菊芋をぜひお試し下さい。

前田の菊芋をご愛飲いただいて、
検査結果の数値が下がりましても
ご自身の判断で病院から処方されてい
お薬をやめたり減らしたりせず、
担当のお医者様の指示に従って下さい。

菊芋の効果で、健康状態が安定して
きたら、担当医に相談して少しずつ
減らしていくと良いでしょう。

 

また、前田の菊芋の飲み方ですが、
お薬ではありませんので、食前や食後
などの決まりはありません。
前田の菊芋は、食品なので、基本的には
いつ飲んでも大丈夫です。

ですが、おすすめの時間帯は、
余分なカロリーの吸収を抑えてくれる
食前や就寝前に飲むことをお勧めします。

飲む量は、顆粒タイプなら1日2~6包、
粒タイプは15~20粒が目安です。
数値が高めの方はより多く飲んで
いただくと良い結果につながります。

 

今なら初回半額キャンペーン中!
定期コースをお申し込みいただくと
初回なんと半額でお届け!!

終了間近ですお急ぎ下さい。
このチャンスをお見逃しなく!

前田の菊芋の詳細はこちらから↓

テレビ・雑誌などで話題沸騰の菊芋【前田の菊芋】