境界型糖尿病とは

前田の菊芋は、糖、HbA1c、体脂肪が気になるあなたにおすすめのサプリメントです。

糖尿病は、自分ではなかなか気がつきにくい病気なのでやっかいです。ところであなたは、「境界型糖尿病」をご存知ですか?

境界型糖尿病とは?

境界型糖尿病とは、糖尿病ではないものの、糖を処理する能力が弱まっていて食後に血糖値が上がっている状態です。つまり糖尿病予備軍の人たちのことを指します。現在、日本人の5人に1人が糖尿病ないし糖尿病予備軍と言われています。

・HbA1c(ヘモグロビンエー・ワンシー)が6.5%以上かどうか。

・空腹時の血糖が126mg/dl以上かどうか。

・随時血糖という食後の血糖が200mg/dl以上かどうか。

健康診断でこの3つのうちの2つに当てはまると糖尿病という診断が下されます。また、このうちの1つだけが当てはまった場合には、境界型糖尿病とされます。

1つだから「まだ大丈夫」などと油断せず、いずれかの数値が引っかかっているなら、この状態でもインスリンの働きは弱くなっていますし、血糖値が高い状態が続くと血管はダメージを受けて、血管が硬くなってしまいます。そうなると狭心症や心筋梗塞などの病気の危険性も高くなってしまいます。いずれかの数値が引っかかっているなら、病院で再度診てもらい、栄養指導などの治療を受ける必要があります。

また、食後の血糖値を抑える働きのあるサプリメントを利用するのもおすすめです!「前田の菊芋」は、糖尿病の主治医が数値に驚いた、天然のインスリンと呼ばれる「イヌリン」を高配合したサプリメントです。

 

 

「前田の菊芋」は糖尿病の予防・改善に!

「ためしてガッテン」「名医とつながる!たけしの家庭の医学」などテレビでも紹介、医師も絶賛する糖尿病対策に効果抜群天然のインスリン素材「菊芋」!菊芋には、血糖値改善成分「イヌリン」がたっぷり含まれています。特に、糖尿病の血糖値や、腎臓病のクレアチニン数値を改善したりする効果が注目されています。

 

「前田の菊芋」は、菊芋の中でもより優れた品質のドイツ産菊芋を原料としています。糖尿病対策のために食生活の改善と一緒に「前田の菊芋」を取り入れてみませんか?

前田の菊芋の詳細はこちらから↓

【イヌリン配合 前田の菊芋】